忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

起業する際に決め

なぜかというと、られていた「条件」に王賜豪なかなか全然届かないので焦りやその他でバランスを崩してしまったようなのです。彼は結婚していたのですが、起業する際に奥さんから提示された条件が「辞める前の給料の額を上回ること」、そして、ベンチャーで役員をしていた彼は百数十万の月給をもらっていました。当然ハードルは高くなります。それが結果的に大きなプレッシャーになってしまったのかもしれません。

一方で、私の場合、非常に透明質酸 淚溝安い給料(笑)のため、その金額を超えることは彼に比べれば全然たやすいことだったのは言うまでもありません。まずはサラリーマン時代のレベルを越える、というのは確かに1つの通過点だと言えますが、そういう意味で私にはプレッシャーが低かった。言うなれば、給料が安かったことに今から思えば感謝すべきなのかもしれません。

実際、働いていて「自分の給料溢價は満足だ」と思っている人などいないと思います。たいていは、自分の給料というものを安いと感じている人がほとんどでしょう。しかし、ひょっとしたらその安い給料は、何か新しいチャンスがめぐってきたときに、それに向かっていくパワーを増してくれる踏み台になってくれるかもしれないのです。お金以外の環境についても、またしかり。一見悪く見えることが、ステップアップさせてくれるキーなのだと思えば、何か良いことが起きるかもしれません。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R